JASCERTは、JAS法の登録認証機関です(ただいま申請中です)。

いろいろなJASの認証の取得を希望する事業者さんに、JAS認証を提供します。

【JASCERT設立について】
JASCERTは、令和元年8月16日に設立した、新しい法人組織です。
新しい日本農林規格が制定されるなか、できるだけ多くの事業者が、日本農林規格の認証制度を活用してもらえるよう、さまざまな規格の認証ができるようにする機関として設立しました。

現在、農林水産省に登録申請を行い、登録審査中です。

JASCERTの認証では、委託契約検査機関による検査を実施することを原則とし、専門性を有する機関との提携を活用して、認証業務を行うこととしています。

【認証に関する業務の方針】

当会が行う認証に関する業務の方針は次のとおりとし、すべての活動はこの方針に基づいて行われるものとする。
(1) 認証に関する業務を公平、公正、迅速に提供する。
(2) 認証に関する業務の信頼性確保のため、必要な技術的能力の維持・向上に努める。
(3) 認証に関する業務で得られる情報について機密保持に責任を持ち、全ての情報について機密保持に必要な適切な管理を行う。
(4)認証に関する業務の客観性及び公平性に関して他の業務部門からの影響の排除に責任を持つ。
(5)JAS制度の適正な運営に寄与する。
(6)当会は、認証に関する業務の結果を左右しかねないようなすべての営利的、財政的、その他の圧力に影響されないようにする。