1.JAS法に基づく認証

JAS認証は、JAS法(正式名称:日本農林規格等に関する法律)にもとづく認証です。

加工食品の品質規格を国が定め、規格に合格したものにJASマークを貼付する制度から始まりました。その後、作り方に特色のある規格など、時代に合わせた規格ができています。

平成29年(2017年)にJAS法が改正され、製品にJASマークを貼る規格だけでなく、サービス、要員、試験方法など、さまざまな規格が制定できるようになり、平成30年(2018年)4月から施行、現在いくつかの新しい規格が制定されています。

2.登録認証機関による認証

JAS認証は、農林水産省の登録を受けた登録認証機関によりなされます。JASCERTは、この登録認証機関のひとつとして、登録を受けるべく現在申請中です。